転居手続きについて

引越しなどで、転居したときには、いろいろな転居手続きが必要になり、基本的に引越し前の14日間から引越し後の14日間の間に様々な手続きを行うことと定められているのですが、一般的には、この様な手続きは引越し前に行うことが必要です。

他の市町村へ引っ越す場合は転出届の手続きを行い、転出証明書を出してもらいます。

この届けに必要なものは、国民健康保険証と印鑑証明証、医療証などが必要となり、忘れてしまっていても郵送で受け付けてもらえます。

また他の市町村から引っ越してくる場合は、引っ越した先で転入届けを行うのですが、このときに発行してもらった転出証明書が必要となり、転入届は引越し後14日間以内に行わなければいけません。

転入届を行うことによって、国民年金や国民健康保険、児童手当などの手続きができるようになります。

その他に、同じ市町村内の引越しの場合は、転出届は必要がなく、転居届の手続きを行って国民年金や国民健康保険などの手続きを行います。